読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抱負に代えて

2017年というやつが始まってから、早や十日が経とうとしている。

この時節、巷は”抱負”なる名を冠せられた文言が飛び交う。

 

新年の、あるいは、新成人ならば”大人”としての、実にヴァラエティに富んだそれは、時として、聴く人の身までも引き締まる思いにさせ、また、打って変わって、空疎に聞こえてしまうことも間々ある。

 

小生自身はと言えば、この”抱負”というやつが苦手なのだ。

無論、抱負を語る方々に対する他意はない。

 

ただただ、小生の好き嫌いだけの話だ。

そいつを口にしてしまったが最後、それ以後に為すことはすべて、その口にした文言との差異を以って価値を断ぜられる。

これが小生にはどうも息苦しい。

自らの発する言葉で、自らの足を重くすることになるのである。

 

鮮やかに過ぎる自縄自縛となるのであれば、あえて語る必要はあるまい。

 

そもそも、この世にあって、沈黙の総量の方が圧倒的に多いのである。

言葉はその沈黙を彩る程度がちょうど好い。

あまりに豪奢に、言葉でその身を飾ろうとするのは悪趣味だ。

 

語らずにいられない時に、最も鋭く、相応しい言葉を紡ぐ。

このスタイルは譲れない。

 

本年の抱負に代えて、小生が告げるのは、いつも通りいく、というただそれだけのことである。

 

妙に生々しい365日先のことを見据えるならば、もっと先のことを思い描く。

そして、とにかく目の前に訪れる価値ある一瞬を見逃さないこと。

 

こんな風にいつも通りいく、それだけのことだ。