読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久方ぶりに。

皆々様、ご機嫌は如何であろうか。

小生の方は相変わらずである。

 

日々の備忘録に類するものとしてしたためてきたこのブログなるものも、気づけば長いこと更新せずにいた。

備忘録の存在を忘れる、とはこれいかに。

 

本日は長ったらしく、なんらかの考えをブチあげるつもりはない。

地球上の重力に影響されているとは思えないほどの、重い筆をどうにかこうにか持ち上げてみたのだ。

ここは木星か、はたまた土星か。

長い記事をしたためようなどと企てたところで、とにかく重いのだ。無理はしない方がいい。

さもなければ、明日の朝、肩から先が上がらなくなる。きっとそうなる。

一応断っておくが、断じてネタがないというわけではない。

大事なことなので、もう一度言っておこう。

ネタがないというわけではない。

 

気づいてみれば、新年度も始まって一月が経とうとしている。

緑が初々しく、瑞々しく、爽やかなこの季節にあって、冬の残り香のごとく未だ葉を付けない木々を見ては、「お前はまだ裸なのだな」などといらぬ情けをかけてみたりしている今日この頃である。

 

裸といえば、極東のどこかの国には裸の首相がいる、と小生は耳にしたことがある。

その国にはどうやら、「物言わぬ多数派」なる魔物が巣食っているらしく、「彼奴は裸だ!」という指摘を鼻で嗤って亡き者とするそうだ。

当の裸の首相もまた相当なもので、なんでも、嘘に嘘を重ねるその様は、二枚舌ならぬ四枚舌、いやいやその自乗の一六枚舌だ、などと世間を騒がせているそうな。

いや、騒いでいるのは小生か。

 

まぁ、自らしたためておいてなんだが、こんな戯言はどうでも良い。

なんにせよ、嘘は嘘。デタラメはデタラメ。デジカメはデジカメ。いや、違うか。

 

真面目な話をすれば、安保法制に反対、テロ等準備罪にも反対、沖縄への米軍基地の押し付けにも反対、原発の再稼働にも反対、森友学園加計学園問題の究明を求め、立憲主義と民主主義を愛してやまない小生が、ややもすれば、鼻で嗤われている張本人なのかもしれぬ。